プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに、終わりました。

「かもめ」(作・チェーホフ)

初日は、2006年02月03日でした。
あれから、なんと4年。
間にお休みがあったから、私がアルカージナを演じたのは、のべ2年くらいかもしれないけど、その間この人のことはずーっと頭にありました。

作品の超課題というところまでは、まだまだたどりつけなかったけど、役の超課題みたいなものは何となく理解できたような気もします。

その作品をやる時に「何を言いたいか」って事。
それをいつも考えるようにしてます。
そのために、私を使ってくださいと、お祈りしました。

今日は、満席で、補助席の出るほどのお客様。
入れなかったお客様もいらしたようで、本当にありがたいやら、申し訳ないやら。
本当に、感謝しています

ここんとこ、ずーっとプレッシャーがかかっていて。。
なんとなく、そわそわ落ち着かない気持ちでした。
緊張した~~~~~。

で、その緊張を分析してみたら、
「面白いって思ってもらいたい」
「うまくやりたい」
って事でした。
なので、それをぜーんぶ手放して、「なんの為にやるのか」ってことを考えてたら、すーっと楽になりました。

「結婚しても、子供がいても、働いて、恋をして、自分のために生きてもいいじゃない。」
そんな風に思いました。
そんな風に思ってもできない全世界の女性の為に、そんな風に思って生きたら大変な思いをしてしまってる全世界の女性の為に、そんな女性を苦々しく思ってる男性の為に、アルカージナを生きようと思いました。

私にこんな大役ができたのかどうかはわかりません。
でも、お客様の中で少しでも「わかる~」って気持ちが芽生えたり、面白く思っていただけたのなら良かったと思います。

本当に、続けるってすごい事で、あんなに「わからない」と思っていた台詞や、場面が単純に理解できたり、舞台の上で俳優達が本当に交流できたり、感動することがいっぱいありました。
これだけ一緒にやってると、本当に家族みたいなもので、遠慮もないから、どんどん本気の感情を相手にぶつけることができる。
一瞬一瞬、本物の感情を舞台にのせること(日常ではごまかしたり、表現できない感情)それが私達がやらなければいけない仕事なんだと肝に銘じてこれからも頑張っていこうと思います。

本当に、舞台の上で自由でいられるということ。
お客さんはいるんだけど、目に見えない。
見られてるんだけど、まったく意識に入ってこない。
感じられるのは、陽射しの暑さ(実際には舞台の上は超寒かった!)、一緒にいる家族、汗ばむからだ、倦怠、そんな不思議な瞬間がありました。
本当に、アルカージナという人として(架空の人でなく、本物の人間として)生きていられる時間があって、これが私が芝居を好きな理由なんだなと改めて痛感。
頭でお芝居を作るんでなく、生きるんだということを教えてもらえて本当に良かったと思います。

この作品に出会っていなければ、東京ノーヴイ・レパートリーシアターに私はいない訳で。。
そう考えると、本当に「かもめ」には感謝しています。
そして、アントン・チェーホフに。
レオニード・アニシモフに。
東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーに。
そして、何よりも今日の舞台の共有して下さったお客様に。
今までの、何年間も「かもめ」を観てくださった、すべてのお客様に。
愛と、感謝をささげます。

本当に、本当に、ありがとうございました。

またいつか、「かもめ」を演じることができますように。
その時まで、さようなら。

P1010709.jpg
素敵なお花を頂きました。
P1010710.jpg
なんと、ふ~って息を吹きかけるとブルーになるのです!!
皆、大騒ぎ。
アニシモフも、得意になって「ふ~っ」とやってました(笑)

P1010714.jpg

さ~、来週は
「ハムレット」 4/29(木) 19:00
「どん底で」 4/30(金) 19:00

があります。
どちらも、今期最後。
楽しんで舞台にあがるぞ~~~~~。

↓ブログランキングポチット押してね。応援して下さい↓


blogram投票ボタン






いやあ、まいった、まいった

すっかり風邪をひきました。
これが、またなんだか、華々しくない風邪で。。
がーんと熱が出るわけでもなく、咳と声が出ないのと、なんか調子が悪い、頭が痛い。。
そんな風邪。

やっぱり気温のせいでしょうか????

せっかくの桜も、咲いてはいるもののあまりの寒さに花見に行く元気もなく。
今日も、咲いてるのを眺めて、
「ああ、咲いてるな。」だって
そんなの春じゃな~い。。

という訳で、ちょっと暖かくなった今日、いそいそと買ってきました。

P1010707.jpg

じゃ~ん、苗!!

パセリと、しそと、アイスプラント。

手前がアイスプラント。
アイスプラント、うめ~~~~~。
大好き~~
でも、八百屋で買うと高いのよね。
だから、苗からがっつり育てて、ばりばりむさぼり食ってやる(笑)

P1010708.jpg

「アイスプラントって育て易いんですか?」ってお店で聞いたら
「さ~??うちも初めて入ったので」
だそーです。
「プランターで育つから、簡単なんじゃないですか?」
だって。

その上
「アイスプラント好きなんですか??」
と怪訝な顔で、何度も聞かれてしまった。
好きですけど、何か??

美味しいよ~~~~。

帰ってきて、育て方を見ていたら
「海水くらいの塩水を与えると、葉面・茎に透明でキラキラ光る液胞がつく」
だそーです。
なんと塩水を飲むんだね。
だから、ちょっとしょっぱいぱりぱりの葉っぱになるんだね~~~~。

うお~~~。
楽しみ!!

今週はバタバタで、まだプランターに植える暇がないけど、早く植えて大きく育てるぞ~。
待っててね。

そうそう、風邪で寝込んでる間、それはそれはたくさんのエベレストの本を読んだ。
それも、そろそろブログに書きたい。
何かが、私をエベレストに向かわせてるとしか思えないんですけど(笑)

↓ブログランキングポチット押してね。応援して下さい↓


blogram投票ボタン

近頃の麻布

ミドリガメって、耳がいいのかな???

麻布は、どうも音楽が好きらしい。
音楽をかけていると、首をにゅ~って出して、音楽を聴いている。

P1010698.jpg

かわいい。。

テレビも好きらしく、うちはめったにテレビをつけないのだけど、テレビがついてると、ひっしに首をだしてテレビを観ている。
私が夜中まで起きてるから、最近の麻布も夜型だ。

最近は、あたたかくなってきたからなのか、ご飯も良く食べる。
冬の間は、寝てばっかりだったのにねえ。

この間は、がたがた音がするから、何事か!?
と思ってみたら、なんと、橋の上にいて、水槽(プラケースだけど)から出ようとしている。

P1010701.jpg

この衣装ケースに引越しして、この橋をつくってあげたのに、一度もあがったことはない。
甲羅干しする場所が必要だと思ってつくってあげたけど、もっぱらこの下にもぐって寝てるだけだ。
それが、なんと、この上でじたばたしたかと思うと、スロープをくだってった。
P1010700.jpg

かわいい。。

春になったねえ、麻布。

そーいえば、先日、北京ダックを食べにいった。
一羽から2枚しかとれないという皮。
それに、ぎょっとするくらいの砂糖をかけてもらって食す。

P1010706.jpg

めっちゃうまい~~~。

P1010705.jpg

花より団子の春です。

↓ブログランキングポチット押してね。応援して下さい↓


blogram投票ボタン

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

劇団の男子に勧められて読んだ本。

一歩を越える勇気一歩を越える勇気
(2009/12/16)
栗城史多

商品詳細を見る


栗城史多は、若干27歳にして、単独・無酸素エベレスト登山に挑戦した人だ。
NHKでも、特集をやってた。

彼は、山の上から、インターネット放送をやってて、カラオケを歌ってみせたりしている。
それを見た時、実は、「何かちゃらちゃらした奴だな~」なんて思っていたのだ。
しかし、リアルタイムで映像を流すってことは、すべてをさらけ出すって事で。。。
頑張ってる姿だけでなく、へこたれたとこも、失敗しちゃったとこも泣き虫のとこも、すべてをさらけ出した彼の姿に、雄雄しさに感動した。
言葉にできない熱い思い。
彼だけでなく、彼とつながってる全ての人の思い。
じんわりと涙が出た。

人は、一人では生きていけないのだと思う。

そんな彼の本に紹介してあった本。

空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか
(1997/10)
ジョン クラカワー

商品詳細を見る


エベレストで12人の登山者が遭難死した。
その中には、素人同然の人もいたけど、一流のプロの登山家もいた。
著者のジョン・クラカワー氏は、そのグループに同行していた一人で、彼がこの本を出す事に、賛成もあったかもしれないが、批判もかなりあったという。
遺族の気持ちを考えたら、当然ではあるだろうけど、なんだか私はこの本を読んでとてもよかったと思う。

トムラウシ山での遭難の記憶も新しいけど、普通に生活していたら死はとても遠く感じる。
人間の想像力には、限界があって、自分の体験したことでないとどうもリアルに考えることができない。
自然は厳しいって言葉にすると簡単だけど、その厳しさを理解できるのは、本当に命ギリギリの思いをした時だけなのかもしれないと思う。

去年、私は富士山に登った。
事前の下調べも充分、装備も完璧!と思っていただけど、帰ってきて初めて本当に皆が心配していてくれたことを知った。
「素人だけで山に登る」(しかも富士山!)危険。
私の想像力はその程度だ。

頂上まであと少し、あと何メートルか。
そんな時、引き返すのは難しい。
それよりも、命を懸けてもいいと決断するほうが楽なのだそうだ。

その気持ちはわかるような気がする。
遭難死をした方々はかわいそうだけど、それよりも、こんな事故にあって、ぎりぎり生き残って凍傷で腕や足を失って、それでも生きていかなければならないとしたら、その方がどんなにつらいだろうと思う。
それでも、生き残ったのには、きっと意味があるんだろうと思う。

ある医師の方が
「手術が成功するか失敗するかは、神様が決めることで、自分はただ手を貸しているにしかすぎない」
とおっしゃっていたが、登山もそんな気がする。
山に登れるのか登れないのかは、神様が決めること。
ただ、そこに向かって頑張ってひたすら歩んでいくだけ。

だから、山は楽しい。

私は、初心者へっぽこ山登りだけど、それでも何か自分の力だけでないものを感じて、ただ無心になれるのが気持ちよくて、だから山に登るのかなと思う。
ふっと、下から大きな力で持ち上げられてるのを感じる瞬間がある。
それが楽しい。

「空へ」
を読んで、私もエベレストに登りたくて、登りたくてしょうがなくなってしまった。
アホかと自分でも思うけど(笑)

自分の技量も体力も知ってるから、そんな無謀な事はしないけど(多分しないと思うけど)でも、憧れてやまない。
だとしたら、別にそこで死のうと生きようとあんまり関係ないなと思ってしまう。
もちろん、私は普段死ぬのが怖いし、生への執着は普通の人以上にあるんじゃないかと思うけど。
それでも、そんな事関係ないと思えるくらい、山は魅力的で、だから怖い。

遭難のニュースを見ると、皆
「なんで、そんな危ないところに行くのかね!!」なんて怒るけど、
私は、「さ~?」って曖昧に笑ってみせるしかない。
理由はわからないけど、登ってしまうんだよね、
「そこに山があるから」

↓ブログランキングポチット押してね。応援して下さい↓


blogram投票ボタン

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。