プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新編銀河鉄道の夜新編銀河鉄道の夜
(1989/06)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


多分、子供の頃の読んだ。
でも、忘れちゃってた。

東京ノーヴイ・レパートリーシアターの新作は、この「銀河鉄道の夜」だ

稽古の最初の頃に見たっきり、ぜんぜん稽古場にも顔を出していなかった不義理な私は、本番を見て、言葉につまった。

なんて、なんて、優しくて美しくて愛おしい世界なんだろう。
なんで、宮沢賢治はあんな事を知っていたんだろうか。

今、世界はどんどん変わりつつあって、本当のものだけが生き残っていける淘汰の時代が訪れているのだと思う。
少し昔だったら、「皆やってる事だし…」ですんだ賞味期限切れや手抜工事なんてものに光があたって、まじめに生きている人たちが、ようやくちゃんと息をつける世の中になってきたのではないかしら。
まだまだ世の中は混沌として、だめなものもいっぱいあるけど、少しはましになってきているのだと思う。
というか、思いたい。

東京ノーヴイ・レパートリーシアターは、派手な劇団ではないし、時代にさからったような演目とか上演スタイルをとっている所だから、なかなか理解されにくい。
私も、「なんであんな所にでるの。もうやめたら。」なんてかなりの人に言われるし
でもね、と私は思う。
もう、嘘はつきたくないんだよ。
お芝居は、堂々と嘘をついていいところではなくて、真実を、普通に暮らしてたら絶対に感じられないような高尚な真実をお客様に伝えるところだと思う。
真実を伝えて、何かを感じて頂いて、その後は、その人のものだから。
人の幸いの為に、私は何ができるのだろう。

なんて、難しいこと言ってると、宗教的集団だと思われかねないが、基本、ただの酔っ払い酒好き集団だったりもするし

銀河鉄道の夜に、タイタニックの話が出ていたなんて、すっかり記憶になかったけど、あのタイタニックに乗船していた男の子が、笑顔でマリア様に導かれていくのが、とてもよかった。
http://www17.ocn.ne.jp/~sanbika/a260or.htm

小説の世界とはまた違う、東京ノーヴイ・レパートリーシアターの銀河鉄道に乗りにいらしてください
と、最後に宣伝もしてみる(笑)


テーマ : こんなの観ました! - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。