プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここんとこ、かれこれ一ヶ月、毎週ワークショップを受けてました。

この日曜でようやく終了

講師は、映画監督の安達正軌さん。
安達正軌監督の次回作は、 「死にぞこないの青」だそうです。

普段、映画は見てもその映画監督と話をする機会なんてないから、とにかく安達監督の映画をすべて観て、色々話を聞いてました。
観客として観てるのと、つくってる側には、やっぱりギャップがあるんだよね~。
映画監督って、どうやってなるんだろう?なんて素人質問にも、真剣に答えて頂きました(笑)。
あと、映画撮ってない時って、何してるんだろう?とか…
(思うでしょ?)

ちげ~よ!!って言われるかもしれないけど、私は舞台も映像も関係ないと思ってる。
そこに真実があるかどうかしかないので。

画面に「感情は映るか?」って話を前に編集マンの方とする機会があって、その時に言ってたことが印象深かった。
「役者の感情は映らないけど、カメラマンの愛情は映る」って。
ほえ~~って思いました
なんかわかる気がする。

そいでもって、ワークショップ自体は何やってたかというと…
笑と、怒りと、驚きと、後は殺したり殺されたりしてました。
って書くとなんだそりゃ?って感じだなあ(笑)

お芝居の稽古はしてないよ。

脚本があって、ひたすらお芝居の稽古をするワークショップとしないワークショップがあるので、その後者です。
とくに目新しいものはなかったです。
という事は、結局芝居って、やるこたあ1つしかないって事なんだよね。

どれだけ、自分が自由でいられるか。
舞台やカメラの前で、集中してそのフィクションの世界で生活できるかって事だよね。

私がバイブルと思ってる本があるんだけど、その中に
「いや、それほど重要じゃないと思う。(その役にとって)」なんて言い訳する役者がよくいるが、自分の生活を振り返ってみたら、たかが電車に乗り遅れそうになっただけで、どんだけ必死になってるだろうか?って書いてあって、ほんとそうだよなあって思う。

何にもない、つまんない人生…なんて言ってる人の人生だって、他人から見たら波乱万丈な訳で。

そう思えば人生も楽しいよなって、また話がそれたか

殺したり、殺されたり、毎週やっててかなり疲れました。
(二人一組で、相手役を指名して、その人に自分を自分が決めた殺し方で殺してもらうエチュード
私を「殺す人」に指名してくれた人は、皆私に変な人を求めてて「あ、私ってそう見えてますか~~??」とちょっと凹みました(笑)
でも、それをより一層変な人にしてしまってごめんなさい。
かなり楽しかったです

どんな事でも、お芝居してるのって楽しいね。

このワークショップはいずれ安達正軌監督作で、ドキュメント映画になるそうです。
インタビューなんかもあります。
いずれ売れっ子になるかもしれない人たちも映ってるので、そのうち価値がでるかも…(ほんとか?)

とまあ、舞台やってない時でも、なんやかや芝居してる私です。

↓応援してくれたら押してね↓


テーマ : 書いとこ~♪_Ф(・。・ ) - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。