プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『どん底で』という芝居のセリフに、

「なんだか俺、今日は妙に良い奴じゃねえか?どうしたんだ、いったい」

というセリフがあるが、まさにそんな感じの私です、今日この頃。

欲望限りなしって感じで、きりきりしてるのが、私の性格だと思ってたんだが、ここんとこ、なんかほけ~~~~って気が抜けてて、なんか色んな事がどうでもいいやあって思える。

お金が入ってきたら、入ってきただけ人にあげりゃあいいじゃんって思う。
それでも、自分自身はなんとかなるから、心配ないさって気がする。
座りたい人がいたらゆずってあげりゃあいいさって思う。
私が座る席は、他の場所にまだいっぱいあるからさって。

なんか、どうしたんだい俺様は?
って感じなんだけど(笑)

東京ノーヴイ・レパートリーシアターで、入場料の一部を寄付しようという話が、以前もちあがったことがあった。
その時は、超反対派だったんだよね。
金のない劇団なのに、そんな事してどうすんだ!?
みたいな(笑)

でも、今は、エコバッグとか作ってさ~、そのお金寄付とかしちゃう?なんて思ったりする。
あはは。
なんだろうか、こりゃいったい。
宇宙人が、どっかから、電波飛ばして、私を操縦してんのかしら。

私は、けっこう気の良いところもあるんだけど、いざ真剣になるとどうもいかんのよね。
ぴりぴりして、色んな事が気になって、気にさわって、人が許せなくなって、自分と同じくらい頑張らないとダメだと強要して…
なんだけど、ちょっといいかげんだと、とてもいい奴でいられるのよ。
アイデアもバンバンわいてきたりするしね~。

なんで、今年は、ゆるゆるで、ちょっと天使の目線でいきます(笑)

昨日、ちょろっと観たテレビに「ベルリン天使の詩」の監督が出てて、
「銃の後ろにいたら、銃を撃たなきゃと思うんだ。
天使の目線で上から見たら、戦争なんてクレージーだと思うだろう」って言ってて、
ああ、最近私が感じてるのは、天使の視線なんだなって思う。

なんか、色んな事が、本当に腹立たしいんだけど、それさえもがおっかしくって、愛らしいなあなんて思えたりするから、こりゃあ不思議だ。

最近、よく笑うな。

今行ってるバイト先が、本当にいい所で、皆この仕事が好きなんだなあって感じるの。
そこは、本当に笑いが絶えない。
こんな職場にいられることが、また嬉しい。
そういう風に感じたのも嬉しい。
そういえば、前の職場でも何人か、その仕事をすごく好きなんだなって人がいたんだよね、今になったらわかるけど。
その人達は、仕事うまく行ってたな~。
そんなことなんだなって思う。

色んな事、興味もって面白がっていられたら、すべてうまくいくよ。

↓応援してくれたら押してね↓


テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

コメント

>とも様
あけまして、おめでとうございます。
ありがとうございます。
ちょっと、書きすぎで気まずい事とかたまにありますが…(笑)

まあ、天使的にみると、「こんな映画つくっちゃって、やっちまったな~」って感じですか(笑)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
ことしも、妻鹿さんのブログ、楽しみに拝見しまーす!
真剣に、意見できる人って信頼できるから。

「地球が静止する日」への率直な感想、恐れ入ります!いいぞー!
余談ですが、大鶴●丹さんのブログでも、同映画に対する感想がありましたよ。
(唐さんつながりで、●丹さんのブログを見つけたのではなく、家がご近所のよしみです。特にファンでもないです)
私は、妻鹿さんの感想により、「全力で見るのをとめる」に一票です。ふふふ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。