プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この間のタニノ作品が面白かったのと、イプセンなのと、マメ山田さんが出てるのと、劇場がすきなのと、色々な思いがあって、すっごい早くチケットを取って、心待ちにしておりました。

ペニノさんから、直接チケットを買ったんだけど、本当にここは対応がよくて、気持ちが良い。
見習わねばと思いますげぇっ…

イプセンは、この間の「人形の家」(宮沢りえちゃん主演)が面白くて、見直しつつある作家なんだけど(何様のつもりだ)、事前に戯曲を読もうと思っていたのに、読めず…。
実は、読みたいのです!と応募葉書にアピールを書いて応募したらまんまと当選して、戯曲本をゲットしたのだ。
にもかかわらず…。

その本のあとがきがかなり面白かった。
(あとがきは読んでるあたり…)
これを書いてるのが、笹部博司さんで、この人は言わずもがな「身毒丸」の産みの親ですね。
育ての親か?
義理の親か?よくわからないけど(笑)

その中に
「演技とは俳優の心に起こった事である。その俳優の心に起こったことを観客は観にくるのでだ」
と書いてある。
まさに、東京ノーヴイ・レパートリーシアターの演出家がいつも言ってる事で、
しかも
「今回の上演企画は1つの解釈ではない。イプセンはこういう風に書いていて、そっくりそれをそのまま舞台に乗せたい、ただそれだけである」
とも書いてある。
これも、まさにいつもアニシモフのいうところである。

ほうほう。
と思う。

他にも詳しく書いてあるので、読んでみて下さい。

そして、劇場へ足を運ぶ。

なんと、いきなり加代さんに会う。
どひゃ~~。
「きゃあ~~~~、偶然!!!」なんて、抱き合ったりしてみる。
「誰かわかんないよ」なんて、笹部さんに言われるマスク姿でも、加代さんはわかってくれるのさ。
さすが、身毒の母代表。

そういうえば、今日は初日なんだっけ?
よく見渡せば、そうそうたるメンバーが来ているねえ。
すごいねえ。
こんなマイナーそうな芝居…と思うのは私だけなんだろうか…。

舞台の上は、何もない空間。

そして、明かりがつくと、女が一人椅子の上に横たわっている。。。。

lille_eyolf.jpg

※以下、ネタバレ含みます。ご注意下さい。

う~~~~ん。。。

期待しすぎましたか??

もっと、緻密な空間だったらよかったのかなあ。
前から二列目という席もよくなかったのかもしれないけど、役者がお芝居をするのが丸見えなんだよねえ。
私は、とよたさんがダメで、彼女が他の人のセリフを聞いてるときにフリーズするのが気になって気になって仕方がなかった。
相手のセリフを聞いてる時が、俳優の一番面白いところだと思うんだけど。
彼女は、その間、止まってて、自分のきっかけになると生き返るような感じがしたんだよね。
勝っちゃんは、一箇所ぐっとくるシーンがあった。
いつの頃か、すごくなったなあこの人って思う時があって、そこがこの人の良いところなんだけど、どんな芝居でも相手が誰でも絶対に自分の責任において、そのシーンで必要とされてるテンションにまでもっていくんだよね。
それを今回も感じた。
すごいなあと。
迷いがないんだよね、その瞬間に。
素晴らしい。

セットチェンジがうるさくて、間が長すぎたと思う。
もっと日常的な舞台で、日常的な関係性においてしゃべってくれたら怖かっただろうな、この戯曲。
ぞくっとさせる、なんて言ったらいいかわからない不安感。
ああ、やっぱりイプセンって面白い。

あ、あと笑ってしまったのが、マメさんのやった鼠ばあさん。
セリフを聞いた瞬間に
「あ、鼠ばあさんって、鼠のようなばあさんって意味じゃないんだ」
って思っておかしかった。
そうだよね。
だって、マメさんが演じてたから(笑)
しかし、あのマメさんの存在感はなんでしょう。
すげーよなあ。。。

という訳で、タニノ氏のよさが今回はちっとも感じなかった。
う~ん、残念だ。

野鴨は、そうとう面白かったらしいので。

しかし、本当に芝居って難しいよなあ。。。

これは初日だったので、また公演を重ねたらどんどん変わっていくのだろうし。。
同じものを観ても、誰にでも同じように伝わるわけでもないし。。

そんな中で、どうやって役者は演じていくのだろう。
何を信じていくのだろうね。

一緒に観た友人は「とよたさんがきれいだった~~」と言っていたが、私にはまったくそうは思えず
しかも、「は~~~????」というと、まるで嫉妬してそう言っているかのようにとられ、めんどくさい。
美の基準もそれぞれなのに~~~むぅっ

↓応援してくれたら押してね↓

テーマ : こんなの観ました! - ジャンル : 日記

コメント

>yumiさま
ありがとうございます。
つたない文章ですみません(^^ゞ
同じ舞台を観ても、まったく感想が違ったりするので、役者って何を信じてやったらいいんだろう…ってよく思います。
生きる方向を信じてやるしかないんだろうなあ。

宮沢りえちゃんの、ご結婚、なんだか自分の事のように嬉しいです。
知り合いでもないのに(笑)

「ちっちゃなエイヨルフ」をご覧になったんですね。私も観たい舞台の一つですが、地方からの遠征はなかなか儘ならず・・・
私は、笹部さんの作品が好きです。
そして、有利花さんがおっしゃっている様に、笹部さんがいつも言ってる事と、有利花さんが言わんとしてる事に共通点を感じて、いつもうなずいておりました。
だから有利花さんの舞台批評にすごく影響されてます(^^ゞ
「人形の家」も観たかったなぁ~
でも、宮沢りえちゃんおめでただったら、当分舞台はお預けなんですかね?
下北沢の「ハムレット」も観たい~~!!

>巻き髪ちゃん
やっぱりイプセンは面白い。
多分、次回も行くと思う、タニノクロウ。
野鴨観たかったわ~。

そして、なんか思いのほか、あうるすぽっと評判悪いのね。
公民館みたいだって。
私は、好きなんだけどねえ。いいよねえ。

これ、迷って結局見送っちゃったんだよー。

とよたさんは、テレビで見ても苦手だったし
あうるすぽっとは大好きな劇場だけど
「野鴨」をやった、シアター1010の稽古場ほどにはタニノさんの美術が生きないような気がして。

「野鴨」は濃密で怖ろしい緊迫感だったよ。

今、経済状況がこんなだから
これからはっきり、お客さんが入る芝居と、悲しい客席の芝居に別れると思う。

頑張れーー!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。