プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずーっと、面白いよと言われてた「桟敷童子」ついに初体験!
桟敷童子

作・演出の東くんとは、ずーっと昔に一回だけ仕事をした事がある。
本人は、忘れてるだろーけど。

受付ではメイクした役者さん達が、客入れやらチケットもぎりやらやってて、なんか懐かしい。
某、唐組を思い出す(笑)

以下、ネタバレ有り。
劇場に入ると、山のなかのようなセットがすごくて、それだけでワクワクする。
笹と彼岸花咲き乱れる舞台。
どんだけ仕込みに時間かかったんだ~~??

入場してから、開演までにすごく時間がかかるが、それもまあ、仕方ないかあと思わされた。
ちょっと、かかりすぎでもあるが。

で、作品はというと…

まあ、よくできてるんだ、これが~。
和製ハムレット。
「俺は、ただ卑怯者になりたくないんだ~」って雑魚部が悩むんだけど、お芝居という事も忘れて、一緒にどうやったら助かるか考えてしまった。
ほんと、どうしたらいいんだろうね、そんな時。
もちろん、そこはお芝居だから、雑魚部が死んじゃうんだけど、それはずるいよなあと思った。
人生は、もっと長く続いて、もっと悩んで答えがでないもんじゃあないか。
だったら、雑魚部の人生ももっと続いた方が私には面白かったかも。

台風の小僧さんが、やってくると彼岸花の下が海になるそうだ。
ふふん、どうせ、床が割れて、水がでるんでしょ~。
なんてたかくくってた私の予想を裏切って、舞台が三つに割れて、揺れた。
どひゃ~。
それだけで、すごいよ

お芝居っていいなあと思わされる。

そのあと、また風が吹いて、彼岸花が降り注ぐっていう大クライマックスがあるのだけど、それはいらないかなあと思った。
そこまでやられると、ちょっと恥ずかしいんだよね、大人は。

しかし、いまどき、こんなアングラな芝居を続けているとは…
そして、こんなにいまどきの若者がやっているとは…
その事にとても驚いて感動いたしました。

お客さんも皆泣いてたしね。

テーマ : こんなの観ました! - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。