プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、東京ノーヴイ・レパートリーシアター「どん底で」の稽古。

ここのところ、新しいキャストが続々増えてて、毎回新鮮な楽しい稽古です。

私としても、「どん底で」のクワシニャーは、まだ本番の舞台に立ったのは、2、3回しかなく。。
これから、成長させていく役でもある訳です。

今週は、高校の貸切公演があり、高校生に「どん底で」を見せる。
今時の、高校生が、あの芝居を観て、どんな感想を持つんだろうね。。

この間の月曜日には、シアター×でシンポジウムもありました。

タイトルは「チェーホフの鍵」かぎ

来年は、アントン・チェーホフの生誕150周年らしいです。
チェーホフ祭と銘うって、チェーホフの作品をどどどーんとやろうという企画があり、そのためのプレ・シンポジウムでした。

田口ランディさんが、言っていた、
「チェーホフ作品の登場人物は、絶望している。
それも、空想に絶望している。」

というのが面白かった。
現実の世界に生きてる人間は、絶望なんかしない。
現実の世界に生きれなくて、その周辺で空想してる人間が絶望して、死んでしまうのだと。。
(言葉は、正確ではありませんが。。)

確かに。

生活してる人間と言うのは、シンプルなんだよね。

アニシモフは言っていた。
「チェーホフの鍵は、単純さ」だと。

わかる気がした。

あれ?
「どん底で」の話からちょっとそれたけど(笑)

あ、一つ思った事。

演劇の力を信じてない人には、演劇をやって欲しくないと思いました。
なんでかしらないけど、役者は、音楽家を羨み、作家は、俳優を羨み、画家は、作家を羨んでるみたいだけど(笑)
自分の仕事を信じてる人間だけが、その仕事の神様に愛されるのではないかと、最近思います。

チェーホフの作品には、信仰ということがでてくるけど、まさに信仰するということです。

日本では、信仰とか、神様を信じてるとか、なんだかちょっと言葉にしてはいけないような雰囲気があるんだけど、それって、宗教って事なんだろうけど、信仰と宗教は違うような気がする。
自分の宗教を信じるって事ではなく、もっと大きなものを信じる力。
うーん、うまく言えないけど。

まあ、そんなことをつらつら考えてるのでした(笑)

↓ブログランキングポチット押してね。応援して下さい↓


blogram投票ボタン

コメント

Re: よくわかる~☆

>uriちゃん
すごく、素敵なコメントありがとう。
最近、ちょっと忘れてたかも。。
稽古場を愛したり、衣装を愛したり、仲間に敬意を持つこと。
改めて、もう一度、私の神様を大切に信じようと思いました。

ここんとこ、色々思うところあり。。。

今度、またゆっくり話しさせて下さいv-344

よくわかる~☆

言っていること、すごくわかります☆

私もいつもダンスの神様を思いがら頑張っていました。
ダンスに精進するのはもちろんのこと、稽古場の床を愛したり、稽古着を大事にしたり、ダンサー仲間に敬意を持ったり、しました。(しています)
そおいうことで、ダンスの神様と繋がれると思っています。

それぞれの世界の神様って、ぜったいにいる。。。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。