プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、東京ノーヴイ・レパートリーシアターの「どん底で」公演。

私にとっては、2回目の舞台でした。
稽古もしないで舞台にのるってどうなのよ?という意見ももちろんあるけど、周りは、4年以上ロングラン続けてる役者さん達ばかり。
その胸を借りて、どーんと楽しんできました。

まあ、もちろん、まだまだ自分の人生とリンクして考えられないところもいっぱいあるけど、わかる部分はわかりすぎるくらいにわかったりもし、チェーホフの「かもめ」とはまた違った楽しさがあるのだ。

相手役はダブルだったりもするので、前回は求婚者に対して、「この人こわーい」と思ったが、今日は「こいついじめてやりたい」と思ったりもして、同じ役なのに役者がかわるとこちらの気持ちもかわるので面白い。
舞台上っていうのは肉体と考えと心と、みっつが一緒にあるような感じ。
台詞を言ってる自分と、そこで役として考えてる自分と、上のほうから、「へ~、こんな風に思うんだ~」と俯瞰してる自分がいる。
これが、ぜーんぶ一緒になった時が、アニシモフの言う第三の存在というものかもしれないけどね。
まあ、今の私は、まだまだ「ここにたっていいんだっけ?」なんてどきどきしてる新参者ですから

東京ノーヴイ・レパートリーシアターに出演するのは、明日の「かもめ」が終わったらしばらくお休み。
蜷川さんの「身毒丸」の稽古がはじまります。

そこでは、また違う芝居を楽しむ事ができて、今年の私はなんて幸せ~~

写真は、ぶひぶひブラザーズ

photo.jpg


ではなく、クワシニャーと役者です。

↓お芝居らぶだったら押してね↓


テーマ : こんなの観ました! - ジャンル : 日記

コメント

身毒丸

ありがとうございます!
私も一番好きな作品です。

はじめまして。

身毒丸、楽しみです。ですが身毒丸って出演者の方がたくさんいて、いろんな衣装を着て出ているので有利花さんを見つけられるか不安です・・・(汗)。僕はファイナルの時に初めて身毒丸を見たのですが、本も演出も役者さんも全てに感動して、観た後は放心状態でした。今まで観た芝居の中で一番好きなので、再演があると知った時はうれしかったです。 楽しみにしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。