プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今さらだけど、書いておかなくっちゃ。

「焼肉ドラゴン」

すっごい評判で、一度観たいなあと思っていた舞台。

実は、一回テレビでやってるのをちらっと観て、すぐに「無理~」となって、見なかった(笑)
まあ、舞台のよさはテレビじゃうつらないからね~~

さて…

見終わって…

すぐに思った。

「こりゃあ、リピーターになるわ!!」

最後がね、そりゃあせつなく終わるからね、もう一回あの頃に戻りたい!ってなるのよね。
うるさくて、めんどうくさくて、でもにぎやかで楽しかったあの頃。
みんながいて、幼い自分がいて、あれがずーっと続くと思っていたあの頃。

うちの母親が、
「ばーちゃんと、あんたと、妹と、皆で台所でなんか食べてる夢を見た」
って一回メールしてきたことがあったけど、それ見てなんか涙が出た。
今は、ばーちゃんは死んで、妹も私も母親も皆別々に暮らしてて、もう二度とあの台所はないんだなって思うから。
言ってみればノスタルジーなんだけど。
胸がキュンってなって、鼻の奥がちょっとつーんとする…
そんな感じ。

それが、「焼肉ドラゴン」だった。

めっちゃよかったか?って聞かれたら、実はそーでもなくて(笑)

芝居としてのクオリティー(?)っていうか、印象は、いまだ東京セレソンの方が強烈。
焼肉ドラゴンは特に話がある訳でもないしっていうか、恋愛模様(惚れたはれた?)がほぼ全編しめてるんだけど、恋愛話にまったく食指が動かされない私はそこにのっかれず。
隣のおねーさんは、三角関係の場面(妹の旦那が実は姉にずーっと惚れてる)で、号泣。
なになに?
何か、実生活であった?
とそっちのおねーさんの方が気になり(笑)

という訳で、ストーリーなどは、実はどうでもよかったのでした。

のきなみ韓国の俳優さんが良くて、あれはなんだろう…と思って考えてたんだけど、やっぱり言葉がわからないから、ちゃんと台詞の意味を考えて、相手にちゃんと伝えようってしてるからなんだと思った。
台詞が伝わらないってやっぱ怠慢なんだな、原因は。

お母さん役の役者さんがめちゃめちゃ良かったです。
カーテンコールで出てきたら、めっちゃ若くてびびった。

私は、ああいう女優さんになりたいなあ。。
体格は近くなりそうだけど…。

三女役の女優さんも好きだった。

韓国では、スタニスラフスキー・システムで勉強してる俳優が普通で皆スタニスラフスキーをやってると聞いたが本当だろうか?
それ聞いて、なるほどなって思った。
あきらかに、日本の役者さんとたち方が違う。
演劇と生活の違い。(私達はよく、芝居をするな生活をしろと言われるのだけど)
私が韓国語がわからないから、そう見えてるだけなのかもしれないけどね。

いいな、いいな~。
こんな風な芝居やりたいなって思いました。

東京ノーヴイ・レパートリーシアターの「どん底で」もそんな芝居で、私は観客でずーっと観てた時に「あの中で生活したいなあ」って思ってました。
大変だろうけど、楽しい事もあって、辛いけど、イキイキしてて。

ああ、もう一回、「焼肉ドラゴン」観たいな!
ってやっぱり思う。

そしてね、鄭 義信さんの芝居を観るとね、どうしても金久美子さんを思い出す。
ねーさんって言うと、久美子さんが足を引きずって歩いてたのが忘れられない。
久美子さんも、もうこの世にいないんだなあ。
楽しかったなあ、大変な舞台だったけどさ。

昔の事を思い出すと、胸がキュンと痛くなるね。

「焼肉ドラゴン」観に来てた人って、おじさんが多かったような気がするけど、(最近、女性客が多めの芝居ばからい行ってたからかな?)男性の方がノスタルジーってものに弱かったりするのかしら。

泣きすぎて、目が痛くなりました。

そして、ここの劇場は、美味しいかき揚げ蕎麦の近くにあるからなあ。
「日本で三本の指に入る」
というかき揚げ蕎麦を食べて、そして帰りには、もちろん「もつ焼き」と「マッコリ」を頂きました(笑)

今のこの瞬間も、いつの日がなつかしく思い出す日がくるんだろう。

だとしたら、今の嫌な事も、そうそう嫌ではないのかもしれないね。

↓ブログランキング登録中♪押してもらったら嬉しいです。↓


blogram投票ボタン

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。