プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、ひなまつり~ひなまつり

夜、一回公演だったので、お初天神へ行ってまいりました。
東京ノーヴイ・レパートリーシアターで、曾根崎心中をやっているので(私は出演してませんが)、一度はお参りにいきたいなあと思っていたので。

朝は、曇ってるくらいだったのに、なんと雨が
雨宿りしつつ、お参りしてきました。

曾根崎3


お初天神とは

近松門左衛門作「曽根崎心中」より 元禄十六年四月七日、堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が当社「天神の森」にて情死する事件が起こった。これを近松門左衛門が「曽根崎心中」として劇化、大評判になり当社にも参脂回向の老若男女が大勢押しかけた。

以後、人々は当社を「お初天神」と通称するようになった。 広く民衆の涙を誘うこの作品は、その後も繰返し上演され、今日でも回向とともに、恋の成就を願う多くの人々が訪れている。なお、昭和四七年七月、曽根崎中一丁目の有志によって、恋に殉じた二人を慰霊するための「曽根崎心中 お初 徳兵衛 ゆかりの地」という石碑が建立された。
曾根崎


周りはすっかり、商店街になっていて当時の面影はもちろんなし。
でも、今では若いカップルの縁結びの神様になっているそうな。
P1000237.jpg


身毒丸も、道ならぬ恋の話だしね。
お初、徳兵衛は、心中してしまいましたが、身毒丸、撫子はあの後どうなるのでしょう。
幸せになってたらいいなあ。。

本日の1回が終われば、もう大阪公演も明日を残すのみ。
この劇場ともお別れです。
最後の2ステージ!
全力で頑張ります。

↓身毒丸応援してくれたら押してね↓


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。