プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前になるけども…

「往転」を観ました。

ネットでの口コミなどで話題になってましたね。

青木さんの舞台を観たのは、二度目。
日本のチェーホフ…と評されていませんでしたっけ??

往転は、オムニバスになっています。
横転事故を起したバスの乗客のそれぞれの物語。

正直言って、どこかで観た様な芝居、どこかで聞いたことのあるようなストーリー、良く見る役者です。

でも、芝居の達者な人達が出てるので、うまく見せてくれる。

若手の役者さんと思っていた方々が、いつの間にか普通におじさんやおばさんを演じる年代になっていたことに若干衝撃を受けましたが

峯村さんが良かったな。
ひたすら面白いおばちゃんと思わせといて、実は息子にお金を無心していたと告白するシーン。
ああ、なんでこうなっちゃったんだろう…

この芝居に出てくる人物は、皆
「ああ、なんでこうなっちゃったんだろう…」
と思っている。
あそこで、ああしていたら、こうしていたら…
自分で踏みとどまっていれば、こうはならなかったのに…

仗さんが言う台詞
「転んで痛い目にあえって事ですよね」

でも、転んだら、これ以上間違えることなく踏みとどまれるのかもしれない。。。。

自分で留まることができなかった愚かな人間は、神様の手(実際はバスの運転手のせだけど)によって強引に止められる。
転んで痛い目にあってしまった。。。

ミニチュアのバスをカメラ越しに見せる俯瞰の構図が神様の目に見えなくもない。

どんな風に思おうと、どんな風に生きようと死んだら骨になって蒔いてしまって終わり。

ずーっとそんな淡々とした目線が芝居中続いているようで、雨がずーっとしとしと降っているようで、なんか妙な感じでした。
すべてが薄い感じ。
皆、本物の人間なのか、幽霊なのか、自分の想像なのか…

たまに、私も、これって全部自分の妄想なのかもしれない、誰もいなくてただ私は病院のベッドに寝てるだけかもしれないと思ったりするのだけど、なんかこの芝居全体がそんな印象でした。
こんな風な話があった、こんな風な人がいた。

もし、それがこの作品の意図だとしたら、ぞっとする。

震災以降の世の中って、なんかそんな気がするから。
何もかもが不確かで、自分の信じてるものが足元からぐらぐら崩れていく…。
今日正しかったものが、明日は違う。
そんな世の中。

そんな世界で、くっきりと輪郭のある人だけが明日を見ることができるのかも…ですねえ。

そーいえば、芝居の前、ちょっと時間があったので本屋に行ったら高田さんをお見かけした。
本番前なのに…
すげ~なあ~と感心したのでした(笑)

↓みんな、曲がった道だとしても歩き続けてしまう。怖いことではありませんか。↓


blogram投票ボタン



久々の青山。

毎週恒例らしい、Farmer's Market。
こんなの見つけました。
P1020829.jpg

食用のほうずきだって~。
有名店でも最近は人気で…だそーで、一個食べてみた。
100円。
P1020830.jpg
うま~~~!!
ラ・フランスのような、おいしすぎるトマトのような…
なんともいえず甘く、美味しい~~~~~

と、いい気分になったところで、青山劇場へ行きました。

本日はこれ
P1020828.jpg

この柱の前で記念撮影してる女子多し(笑)

ネタバレも含みますし、個人的な意見ですので、そのあたりはご理解の上、下記へおすすみ下さい。

寺山さん好きの私としては、かなり観たかった作品だったのですが、正直、松潤にいまひとつ興味がわかず…(失礼…)、躊躇していたのですが、松潤ファンと言う友人に誘われ行ってきました。
なぜ、松本潤氏に興味がわかなかったかというと、前作「白夜の女騎士(ワルキューレ)」がまったく(失礼)面白くなく、でもそれは、松本氏のせいというより、作品自体が難解だったせいもあるのかもしれないけど、松潤の印象が全然なかったのだ。
へ~~、今をときめく嵐の芝居を一回観たいわ~~~!なんて思っていたら、あら実は観たことあったわ…的な。

という訳で、正直まったく期待していなかったのです。。。

が~~~~!!!

いやいや、成長したんですかね、それとも彼にこの役が良く似合うのか、かなり良かったです
アロハを着た、雪駄姿の新宿新次は、今時のアイドル松潤というよりも、ちょっと昔の舞台人のようでした。
(めっちゃ褒め言葉)

蜷川さんの芝居の常の最初の始まり方(舞台の上で役者たちがストレッチやら、メイクやらをやっている楽屋(?)風景)は、今回、ちょっと寒かった。
自然風にふるまっている意識してる姿というが、もう私的には生理的に恥ずかしかったです。
ああ、こんな事、私もやってたんだなあ~なんてね(笑)

友達が、「小栗君がいる!」と客席を指差すのできゃ~~っと振り返ったら、勝地でした。
なんだよ~~。(勝地ごめん)

女子かなり多めの(でもおじさんも多かった)客席で、もっときゃ~~~って感じになるのかと思ってたら、しっかり松潤もキスシーンやら、エッチシーンまであるし、それでお客さんがざわざわってなるわけでもないみたいだし、へ~~なんて思ってたら、休憩前のシーンで、どんどん客席から出ていく人がいて、何?何?て思ってたら、なんとトイレでした。
休憩時間が短いので、ギリギリなんだね。
リピーターが多いんですね。
1幕最後に出てるのは、ほとんど無名の役者さんたちですが、蜷川さんにがっつり怒鳴られながらこのシーンつくったんだろうなって事情が見えたりするので、せめて幕切れまで見て下さいって、切なくなりました(笑)

寺山さんの作品なのに、なぜか言葉が胸にがつーんとくることがなく…

最初、ボクサー達が、シャドウボクシングをしながら短歌を口にするのだけど、あれ切るとこ違わないですかね?

電光掲示板にも、短歌が出るのですが、芝居と意味あうか?ってところもあり逆に必要なかったような気もしました。

娼婦マリーとのシーンも、いらないんじゃないかと思ったけど。(あまりにも娼婦マリーが台詞をかむし
フライングも、必要なのかなあ…

なんか、色々と分散しすぎて、もっと短くしてくれたら楽しめたのに…と思いました。

新次とバリカンの見せ場であるボクシングの試合のシーンも長いよね~~。
本人達は、ほんとに頑張ってて、あれだけ動いてるのに息が乱れないとか、台詞が通るとかさすがプロ!て感じでした。
蜷川さんは、彼らの本物の肉体的努力だけをあてにしてあのシーンを作ってるんでしょう。

しいていえば、バリカンにまったく感情移入できないので、「バリカン死なないで!」とか「かわいそう!」とかそういう気持ちになれないので、「どうせ死ぬんでしょ、早く倒れたらいいのに…」なんて思ってしまった。
言ってみれば、この芝居、結局バリカンが主役だと思うのですがどうでしょ?
蒲田行進曲の銀ちゃんとやすだと思うんだよね。
だから、やすに感情移入できなければ、このボクシングのシーンが意味がない。
というか、私には、何を観ていいのかよくわからず、回りの人のストップモーションとかばかり観ちゃった(笑)
小出君は、バリカンというキャラクターではないような気がしました。
よく知らないけど(笑)
二宮君がバリカンをやってたら、屈折さとかせつなさが出て面白かったかも?と思いました。
小出くんは、コンプレックスがないような感じがしちゃうんだよな~。
よく知らないけど(笑)

という訳で、あまり私的には芝居のないように入り込めない「あゝ、荒野 」でしたが、一箇所、
「青山を通って… あいつの好きだった… を通って …」
と、死んだ後の霊柩車のルートを説明してると思しきシーン(台詞は定かじゃありませんが)で、うるっときました。
唯一でしが、がつんと心が動かされました。
一本の芝居の中で、心を動かされる場所があるって事がとても嬉しいことで、贅沢な事でもあります。
だから、またお芝居観にいっちゃうんだろうな~と思います。

そのシーンだけは、強烈に印象に残っているので、これで私は松潤をもう忘れないんだろうなと思います。

アニシモフがよく言うけど、
観客は、役者の顔を見てるわけでも衣装を見てるわけでも、立ち居振る舞いの美しさを見てるわけでもない 感情を見ているんだ。
だそーです。
確かに、松潤がどんなに素敵な衣装を着てたか、どれくらい汗をかいたか、筋肉がすごかったか、ボクシングを練習したか、そんなことはすぐに忘れるでしょう。
でも、あの時、新次が見ていた自分の親友の最後の姿、生きてた頃の姿、霊柩車が太陽で光ってること、道順、そんなことは私はずーっと忘れないし、今思い出しても涙が出ます。

芝居って、そんな風になってるんだなあとしみじみ思いました。

役者ってすげーな。

↓面白い芝居が観たいし、つくりたい↓


blogram投票ボタン


東京ネジさんの「散る散る満ちる」を観てきました。

なんてんCafeさんという、古民家を利用したカフェ。
201110161646000.jpg

入ると、出演者さんたちがお茶を運んで来たり、お菓子を下さったりしました。

Cafe公演って、敷居が低そうに思うのか、けっこう皆さんやってらっしゃるけど私にはとてもできないなあ。
緊張してしまう。。。

観るほうとしても、実は緊張します。

だけど、東京ネジさんは、多分それぞれのキャラクターなのかなあ、すーっと空間にとけこめていて、とてもリラックスして観れました。
なれてるのかなあ。
その辺聞いてみたいね。

狭い空間だと、芝居がきついと本当に地獄のようにつらい時間だけど、楽しめる芝居だったらほんとに素敵な時間がすごせるんですよね~~~。

外が明るい時間に行ったから、それも良かったな…と思う

「てがみ」と「奥村さんのお茄子」という作品の二本立て。

「てがみ」は佐々木さん三人組みの出演で、これが大変勉強になった。
(三人とも佐々木さんですよ、すごいね。)

演出家の佐々木さんと、作家の佐々木さんと、役者さんの佐々木さん。
もちろん、皆さん役者として舞台の上にいるのだけど、それぞれのあり方がくっきりしてて面白かった。

演出家の佐々木さんは、作品を全部把握してんだな~と思わせる考えのある人で、作家の(脚本を書いてらっしゃるみたいなので)佐々木さんは、やっぱり言葉の人だなあと。
役者の佐々木さんは、拝見するのが今回三本目なんだけど、今回が一番好きだなあと思った。
個性的な役者さんなんだけど、私はこの方が素の声でしゃべってるのが好きだな。
ちょっとじんわり、涙がでそーになった。

三者三様で、面白かった。

演出家の佐々木さんは、頭で整理しすぎてるような気がして、他の二人を大事にしすぎてるような気がして、もったいないなあと思ったのだけど…

その後の「奥村さんのお茄子」という作品では、また違ったところが観れて非常に面白かった

宇宙人ものという、古民家Cafeにあるまじき(笑)設定で、かなり笑わせて頂きました。
私、チェーホフとかゴーリキーとかやりますが、こんなお話大好きなんです(笑)

シアタースポーツ的なのりが非常に楽しめました。

金川周平さんという役者さんが出演してらしたのだけど、彼が良かったな。

とても演劇的でした。

演劇的と言う言葉を、勘違いしてる人も多いのだろうけど、演劇的とは別に声をはったりとか、大げさな身振りとかそーいう事じゃなくて、内面の細かい感情を表面に拡大して見せるって事です。

細かい同様とか、にがにがしい気持ちとか、つらいけど笑っちゃうとか人間の感情は複雑で、リアルな人生だったら絶対見せないようにするものだけど、それを拡大してわかりやすく表現するこれを演劇的とよぶと思う。

それがいけないか、いいかとか別にして、そうしないと今のお客さんは理解できない人の方が多いのだと思う。
なので、彼のようなお芝居をする人を「お芝居がうまい」人とよぶのだと思います。

力を抜いたふーな、日常ふーな、その辺にいそーなふーな…
そんなふーな。

でも、ほんとのリアルってものとは違うし、これはお芝居なんだからそれでいいんだと思うんです。

お仕事に疲れた週の、たまのお休みの日曜日。
近所の素敵なCafeで、お茶を飲みながら、気に入った人達の優しいお芝居を観る。
なんか、素敵だな~と思った。。。

私の演劇人生にそーいうお芝居ってなかったなあ

こーいうお芝居、誰か誘ってくれないかなあ。
あ、でもできないなあ(照)

夜は、美味しいとんかつを食べに行きました。
CIMG3226.jpg
豚組さん

CIMG3229.jpg
おすすめポーク、全部違う種類盛。

キャベツ、ご飯、赤だし、つけもの食べ放題。
ご飯二膳も食べちゃった。(ほんとは、あと一膳食べたかった…)

おいしゅうございました。
今日はビールも飲まず、なんかレディーな風な(とんかつじゃレディーじゃない?)一日でした。

あー、しあわせ…

↓日本中が元気になる事を祈ります。押してくれてありがとう。↓


blogram投票ボタン

はじめて、都電荒川線に乗りました~~~~。

一両だけの電車。

くねくね道路を走っていくちっちゃな電車。
なんか、しょぼしょぼ遊園地のコースターみたいで怖かった(笑)
酔いそうだし…

でも、なんか地元に根付いてんだなって感じで嫌いじゃないよ。

で、なんでそんな電車に乗ったかと言うと…

劇団破戒オー!!!夏の終わりに第13回公演
「消失マテリアル」

を観てきました。

ネタバレ含みます。

mt_f.jpg

最近、とんと芝居を観る気にならない私でありますが、一緒に勉強してる仲間の舞台は観たいと思う。
どういう芝居をやってるのか興味がある。
というより、なぜこんなめんどくさい小難しい事を勉強しなければいけないのか、彼女の(彼の)欲求を知りたいと思う。
どんな芝居をやると、勉強したいという欲求が生まれるのか?
勉強しないとできない舞台ってどんなんだろう?っていう興味。

雨が降りそうな平日夜にもかかわらず、ほぼ満員。
客層、若~~~~

ロビーに、サーカス団長風おやじと、裸に紙おむつの金髪君が立っている。
「募金をしてくれたらギャグをやります!!」
だそーで(笑)

皆、やったというので、私もやってみた。

まずは10円から~、次50円、100円と3回やって頂いた。
金額の差は関係ないらしい。
ちょっと照れた金髪君がかわいいので、まあギャグの質は問わないことにしようか。

一度も芝居をやったことがない子に戯曲を読ませると、ザ!演劇口調になっててびっくりすることがある。
なんで一度も舞台に立ったことがないのに、声はっちゃうの!?
どっかで刷り込まれてんだなあ~~。

この劇団の演出家はきっと若いんだと思う。
作家もそうかな?

なんだけど、演劇スタイルがめちゃめちゃ古い。
いやあ、私が学生の頃に観に行っていた小劇場とちっとも変わらないんだけど…

今の子のセンスとか、アニメとか映画とかそんな文化とか、今時の考え方とか…
そんなものぜーんぶなくって、昔どこかで観た芝居だった。
不思議だなあ…
やっぱ刷り込まれてるんだろうか。
あれが、演劇!小劇場!て思ってるんだろうか。

何年も何年も、小劇場界は、同じようなテーマの同じような芝居をやり続けてるんだろうか。。

この間観た誰かの芝居の時も思ったけど、古いんだよ。

今のセンスでやってくれ~~~~って思う。

キャラクターも、台詞もテーマも全部借り物。
どこかで観たことのあるようなセット、芝居構成。
いかん、いかん、こんなんじゃあいかんよ~~~~~!!!!

お金使って、時間使って、こんなんやりたいの???

満足?
楽しい?
充実する?

と…おばちゃんは、そー思ってしまったよ。。。
余計なお世話(笑)

芝居中もギャグマシーン炸裂だったけど、なんかつまらなくて…

唯一笑ったのは、病床の彼にリンゴを差し出して「たくさんおあがりなさい」って台詞。
今時、「おあがりなさい」って久しぶり聞いた~~~~~(笑)
使わないだろうよ、そんな言葉。
そんなこんながザ!演劇でくすっと笑ってしまった。

演劇をやるための演劇じゃなくて、何かを表現したい、それが演劇!って
そんな風に芝居をやってくれたらいいのにな。

↓演劇が進化しないのは演劇人のせいだと思う。押してくれてありがとう。↓


blogram投票ボタン

まだ全部は公表できないけど…

とりあえず、今のところ控えてる舞台が3本あるのだ

それぞれ、進行状況は違うけど、ぜんぶ私にとって重要な舞台。

今までの色々な積み重ねの集大成でもあり、今後の活動への第一歩でもある。

ふわ~~~~~

考えるとちょっと怖くなるのだけれど…

でも、今はまだとても楽しい幸せな時です。

これから稽古が始まって、つらいつらい苦しい時があるのだけどそれもまた今は楽しみ。

何の為に、芝居をやってるのか…
それが最近わかってきたので(やっとかよ!?)、そこに向かって前進しようと思います。

来年はね、映画もあるみたいだし、ほんとなんか楽しみだよね。

この夏は、本棚に並んでる源氏物語とベルサイユのばらとムーミンとブッダを全部再読したい。

↓日本中が元気になる事を祈ります。押してくれてありがとう。↓


blogram投票ボタン

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。