プロフィール

arika

Author:arika
妻鹿有利花 (めが ありか)

日々、派遣社員として働いたり、演出家にどなられたり、、レパートリーの稽古したり、オーディションに受かったり、二日酔いになったり、芝居がうまくいったり、ダイエットに失敗したり、動物の森にはまったり、ワークショップに通ったり、フラダンス踊ったり、している女優です。

以前のブログはこちらをクリックして下さい。


そういえば、すっかり忘れてたけど、掲示板もあります。
ぜひ、告知などに使って下さい。
みんなのありか

㈱出海企画
info@izumikikaku.sakura.ne.jp

◆東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアター


ブログランキング

ここを押して下さい!喜びます!

ランキングに登録してます!

blogram投票ボタン

最近のコメント


最近の記事


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しい時間の合間をぬうようにして必死に読んでいる本。

クッキング・ママシリーズ(笑)

ダイアン デヴィッドソンの書いた、ケータラーのママが活躍するミステリーなのだ。
ほんとうは、もっとお勉強になるような本をいっぱい読まないといけないのだろうけど。。。
まあ、そこんとこはきゃー

クッキング・ママのクリスマス (集英社文庫)クッキング・ママのクリスマス (集英社文庫)
(2008/12)
ダイアン デヴィッドソン

商品詳細を見る


毎回、色んな料理が出てきて楽しいのだ~~。

私は、あんまり料理をするのは好きじゃあないけど、料理の本を読むのは大好き。
人が、何を食べてるのかを知るのも大好き!
なので、この本はめちゃくちゃはまってます。

以前は、ジョアン・フルークのシリーズにはまってた。
キャロットケーキがだましている (ヴィレッジブックス)キャロットケーキがだましている (ヴィレッジブックス)
(2009/10/20)
ジョアン ・フルーク

商品詳細を見る

こちらは、クッキー店の女主人が事件を解決するシリーズ。

これも、美味しそうな食べ物がいっぱいでてくる~。

これらの本の難点は、読んでると食べたくなってしまうって事だな。
ダイエット中には、オススメできません。


ダイエット中だとしたら、こっちがおすすめ。

先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学
(2007/03)
小林 朋道

商品詳細を見る


めっちゃ面白い。
タイトルから、いかしてるよね。
どんな人なんだろ、この先生って思ったら、けっこうまじめな本もいっぱい出してる先生でした。
あたりまえか(笑)

最近、疲れたな~って思ったら、これらの本を読んで、お風呂にのーんびりつかって下さい。
元気になりますよん。

↓ブログランキングポチット押してね。応援して下さい↓


blogram投票ボタン

テーマ : こんなの読みました! - ジャンル : 日記

単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る


こんな本を読みました。

そもそもは、バイト先の上司の雰囲気がその日なんとなく違ってて、
「あれ?」なんて話をしてたのです。

そしたら、
「人は、相手の向かって左側だけを見ているらしい」
という話になり。。

この本が面白いと紹介してもらいました。

この本によると
「朝、忙しくて時間がなければ、全体にざっと化粧するのではなく、相手から向かって左、つまり自分の右側だけしっかり化粧すれば気付かれない」
ということらしい(笑)

しかし、自分の顔は鏡で見ると反対になるので、人は自分の左の顔ばかりを一所懸命に化粧するらしい。
うんうん、そうそうえっ

これは、脳の仕組みについて書いてある本なんだけど、めっちゃ面白い。

自由とは、一体なんだろうか?
どこまで自分の意思で物事を決めているのか?
もっとつきつめると、自分とは一体何なのか?

哲学とか、文学とか、科学だけでない分野に話は広がります。

そーやって考えるとね、あんまり真剣に考える事もないよって思えてくる。
つきつめて考えても、所詮、人間の身体は不完全で、脳も体の一部って事を考えると、不完全で当然だよと。
他人と違っててあたりまえなんだよと。
(だってね、他人とは見えてる色さえ違うらしいのだから!!)

本当に、人間って愚かだけど愛しいなあっていう気持ちになる本です。

考えて行動しろよってよく言われるけど、脳は身体を参考にしてるんだってよ。

↓応援してくれたら押してね↓

blogram投票ボタン

テーマ : こんなの読みました! - ジャンル : 日記

最近の読書

やばいえぇ・・・。

朝からで、電車の中で読んでたら泣いてしまった。
10ページでぼろ泣き。

イルカ (文春文庫)イルカ (文春文庫)
(2008/11/07)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


言葉にできないけど、なんかせつない。
DNAなんてたいそうな事いいたくないけど、そんなものに刻まれてるのかもしれない記憶。
そういうところを刺激されてしまった気がする。

風の中のマリア風の中のマリア
(2009/03/04)
百田 尚樹

商品詳細を見る


あっという間に読み終わり。
うん、面白かった。
心が揺さぶられるということもないけど、これは知的好奇心が満足されられた本。
主人公は、オオスズメバチのワーカー(働き蜂)。
彼女の一生を、人間的ドラマとして書いてあるんだけど、別にそれはどうでもいい感じ泣黙。

なんかしら、得るものがあればいいと思うので
「ああ人間の世界も一緒だな」
だの
「一生子供を産まず働く女性」というところに自分を投影してみたりもしたけど、別にそれもどうでもいい感じ。
なぜなら私は自分の人生に対して疑問を持っていないから(笑)
というよりも、ただ単純にオオスズメバチの生態を知れて面白かった。
ファーブル昆虫記みたいな感じ?
(ファーブル読んでないけど…)

でも、多分
「風の中のマリア」は、読んだことを忘れてしまう本だと思う。
「イルカ」は、まだつらくて全部読んでない。

明日は撮影なので、今日は「イルカ」は読まない事にします。
目がはれるといけないので(笑)

↓応援してくれたら押してね↓

テーマ : こんなの読みました! - ジャンル : 日記

なんか、今日めちゃめちゃ元気!!!

ここんとこの睡眠不足にもかかわらず、元気!!

わが東京ノーヴイ・レパートリーシアターは、またまた大忙しの時期を迎えました。

なんと、先週は、国際シンポジウムを開催し、作家の加賀さんはじめ、田口ランディさん、それからロシアからも沢山のお客様とパネラーの皆様をお迎えし、2日に渡り熱い討論が繰り広げ…られた模様。
というのも、私は受付をやっていたので、ほぼというか、まったく聞くことができなかった…
しょぼん…

内容は、芸術はじめ、盆栽やら、はては宇宙人まで出てきて、かなり面白い話だったそーですよ。


そして、日韓合同企画「水の記憶」公演。
これには、私は出演してはいないけど、HP更新やら、宣伝やら、受付やら、またしても大忙し。

その間に、所属事務所で新しい宣材写真をとるだのなんだのとまた色んな動きもあり…

そしても、こう忙しいのはなぜかというと、演出家レオニード・アニシモフが来日してるからでもあり、そのアニシモフの劇団内ワークショップもありと、本当に盛りだくさん。

自分達で言うのもなんだけど、こんなに忙しい劇団もそうそうないと思うよ。
そして、本当によく働くよ、皆。

という訳で、日本語とロシア語と英語と韓国語の飛び交った3月4月。

ようやく桜が咲きましたね。
うちの近所の桜、全然咲かなくて、この硬いつぼみのままで終わるのかと思っていたら、すっかり咲きました。
満開~~~~。
いいねえ、桜は。

と思いきや、本当に今日は暑かった。
そして、私は暑いと元気になるらしい。
夏が近づけば近づくほど元気になる。

今、東京ノーヴイ・レパートリーシアターは、5月のシアター×公演に向けて準備の真っ最中。
公演まで一ヶ月きったところで、なんと4演目から7演目の上演に切り替わったのだから、どうよ!?
7日間毎日違う演目を上演する劇団が今まであったでしょうか!???

ひ~~~~~。。。。

という訳で、日々忙しくしております。

そんな中、シンポジウムに来てくれた方に貸して頂いた本。
「宇宙を味方にする方程式」
宇宙を味方にする方程式宇宙を味方にする方程式
(2006/02)
小林 正観

商品詳細を見る


めちゃめちゃ面白かった。
花粉症になる人は…とか、アトピーを治すには…とか色々あるんだけど。
その中に、毎日が楽しくて仕方なくなる方法というのがあります。
これがねえ、まさにこの間アニシモフがワークショップで言ってた事なんだけど。
全部、自分のイメージ(視覚化)で変えられるというのよ。

狭い部屋の小さな椅子の上でも、イメージで自分の大好きな風景を想像する。
そうすると、本当に空気でさえみずみずしく新鮮に感じる事ができる。
イメージだけで、よくすることも悪くする事もできる。

そのために、イマジネーションはある。
人間だけがイマジネーションを持っている。

では、逆の事。
悪い予言をする人を信用してはいけないとこの本には書いてあります。
予言をした時から、その人は自分の信用の為に「悪くなる」事を願ってると。
確かに、なるほどと思いました。

すべて、自分の心次第。
よくも悪くも自分が決める。

念という字は、今の心と書きます。
今の心とは何か?
今、眼の前の人、事を大事にする。
これを念を入れるというそうです。

念じるって言うと、なんか未来の事をひたすら祈るってイメージがあるんだけど、違うんですね~。

↓応援してくれたら押してね↓



テーマ : こんなの読みました! - ジャンル : 日記

和顔施

お布施というと、お金を差し出すという事だと思っていたけど、それだけではないのだそうですね。

和顔施という言葉を、寂聴さんの法話から知りました。
いつもにこやかな笑顔で、人に接するという事だそうです。
お金がなくても、何もできなくても、ただ笑顔で柔らかな心で人に接する。
それだけの事です。

それだけの事…ができない私は、その言葉を読んでハッとする。。

和顔施は仏教用語です。
間違って覚えて、間違って使っている言葉がとても多い。
仏教用語はなんか、辛気臭い、しかめっつらい言葉だと思っていたのですが(私だけか…)、知るととても素敵な言葉が多い事に驚きます。
(私が知らなさすぎか…)

最近、寂聴さんにはまってます(笑)
普通の事を普通に書いてあるのだけど、とても面白い。
そして泣けます。
なんでだろう。
心が弱っているのかしら(笑)

確かに寂聴さんには、人をひきつける力があって、元気になるような気がする。
よしよしって背中をさすってもらっているような。
まあ、たまにバーンってはたかれるんだけど(笑)

それが、和顔施かなと思います。

話を聞いてあげること。
寂聴さんは言います。
そして、うんうんとうなずいてあげること。

演劇用語ではそれを受容といいますね。

相手が何も言いたくない時。
本当に好きな相手だったら、見てるだけで相手の考えてる事が感じられるといいます。
そのためは想像力が必要。
想像力はどうやったら培われるのか…
本を読む、音楽を聴く、演劇を観る。
芸術はそのために存在しているのだそうです。
(寂聴さんが書いてるのよ~~)
想像力がないと、相手のして欲しいことと逆の事をしてしまって、「よかれと思ってやってあげたのに」となりかねません。

そのためにも想像力を磨きましょう。

そして和顔施。

楽しい毎日を送りましょうね♪

嫌な事考えてても一生、楽しくしても一生。

↓応援してくれたら押してね↓





««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。